• カテゴリー別アーカイブ 新幹線変形ロボ シンカリオン
  • アニメ全般 » 新幹線変形ロボ シンカリオン
  • 劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 神速のALFA-X』

    見て来ました。
    劇場版シンカリオン


    (パンフレット購入!)

     まず本編が始まる前に、劇場版エヴァの宣伝をハヤトとシャショットで行うコラボPVが流れましたね。

     
     
     
     
     満を持しての本編!

     
     
     
     
     ここから先は普通にネタバレがあるのでご注意!

     
     
     
     
     北海道から話は始まり、いきなりミクの出撃シーンが。
     そこに現れた敵とは・・・・!?

     
     
     
     

     いやいや、え?
     マジですか?

     タイプエヴァの再登場やミクのライブシーンなんかは、事前の告知で明らかにされていました。
     なので、そのシーンはいつ頃だろうと思って見ていたものの、前情報になかったゴジラの登場に驚かされ、しかもBGMまでしっかりと流れるという素晴らしさ! ゴジラとシンカリオンの対決が行われるとは、思ってもみない展開なのもそうですが、本庄さんへの謎のプレッシャーも面白い。TV本編でキングシトエルが出た時もそうでしたが、敵のコードネームを決める際に妙にプレッシャーを背負いながら決断を下しているw
     こいつは「雪のゴジラ」ですか。
     ゴジラの攻撃がきっかけとなり、別世界へ飛ばされたハヤトはエヴァ世界で目を覚ます。まるで夢落ちのように元のシンカリオンの世界で目を覚ますと、そこには子どもになった速杉ホクトがいるのだった。
     
     
     
     
    【ミクの出番が増えてて良かったですね】
     
     TV本編での発音ミクの出番は、登場エピソードとなる15話・16話がほぼ全てで、再登場はまるでしない。最終決戦には一応駆け付けるだけの存在と化していました。もう一回か二回くらい、ミクメインの回があってもよかったのでは。そこを補うがごとくライブシーンが披露され、「チェンジ!シンカリオン」を歌ったあとも、速杉家の面々と顔を合わせる場面があり、ミク分の補給は十分にできた気がします。
     ところで「夕張ヒートシステム!起動!」という台詞が出て、その機能が使われたのも、確か15話と16話だけだったでしょうか。
     今回、決戦時に使用していて、テレビ本編でもライブシーンほどではなくていいから、あの速杉家と接したシーンや戦闘でのちょろっとした見せ場くらいは欲しかったですね。
     
     
     
     
    【ママ強し!】
     
     ハヤトの母親、速杉サクラ。
     ホクトが子供になっちゃったことは、いきなり判明していたわけではなく、現場付近で身元不明の子供を発見して保護という流れとなっていた。実は父親だとわかるのは、少しばかり経ってからになる。ということは、じゃあホクトは? みんな大人が子供に変わったとは思っていないわけだから、それが判明するまでは行方不明という扱い。
     電話越しにそれを伝えるハヤトの心境は、なかなか辛いものがあったでしょう。
     
    サクラ「お父さんは?」
    ハヤト「行方不明」
     
     ここでのママ強し。
     我が子を理不尽に叱るわけでも、動揺したり、冗談だと決めつけて受け入れようとしなかったり、別の人間が同じ立場になったら、あるいはそういう反応をするでしょう。しかし、速杉サクラは「大丈夫よ」と即座に返す。
     
     
     
     
    【はやぶさとはやぶさMkⅡが並ぶ!】
     

     
     最終回でゲンブが旧はやぶさを動かす(シミュレーターだけど)シーンがありましたが、今回は本当に搭乗して、ハヤトのピンチに駆け付けた上、新旧そろい踏みという名シーンがここに爆誕! こんなにいいシーンがあるでしょうか? ゲンブの運転士化を望んだ人は、結構いるはずです。私もその一人です。
     
     
     
     
    【まさかのオーバークロス合体!?】
     
     映画のタイトルが「神速のALFA-X」なのだから、はやぶさMkⅡとALFA-Xのオーバークロス合体はもちろんあって当然だよね。なのですが、思わぬオーバークロスが。ブラックシンカリオンオーガの再登場に加え、なんとビャッコがそれに乗り、紅とオーガで合体なんて、これもまた凄いサプライズ!
     
     
     
     リュウジが923ドクターイエローに乗るのもレアだったし、というか今作の敵キャラであるナハネくん。最後のやられっぷりはもはや可哀想というか、タイプエヴァが登場して一発かまされ、ゴジラまで出て来た時のあの表情は、こうなるとこんな勝ち目のない状況に追い込まれたナハネの方に感情移入したくなるレベルでした。
     まあ、もっとも、ゲンブ、ビャッコ、スザク、セイリュウと、敵との和解が行われてきた中で、あれはたぶん侵略を目論む純粋悪でしたね。可哀想とは思ったが、本当に語れても困るのである。
     ところでソウギョクの台詞から、「宇宙に信号を送った。最初に連絡に気づいたのが」という下りからして、設定上はまだまだ新しいキトラルザスが出せそうですね。新作でもない限り、そんな展開はないでしょうが、やろうと思えば可能な状態が残っていると、さらにもう一作! っていう願いの一つも抱いてしまう。
     あとはですが、新幹線の古いCM関連のネタを持って来たのも、やっぱりハヤトらしいというかシンカリオンらしいというか。
     
     
     
     
     
     エンディング終了後、「シンカリオンはまだまだ止まらない!」との文字が!?
     
     
     
     
     え!?新作の告知とかそういうやつ?
     
     
     
     
     
     
     
     ・・・・・・・放映終了。
     
     
     
     
     
     
     あのものっっっっっすごいフェイントだけは許さん!