ゾイドワイルドZERO 第1話「誕生!ビーストライガー」

ヒロインの名前がサリー!
 
 
 
ロボット系の作品でヒロインがサリー。
何かが頭をよぎるのは私だけですか?
 
 
 

 
 
 
 荒廃した世界観を舞台に、運び屋を生業としている主人公とその相棒(というより保護者?)が、ひょんなことから事件に巻き込まれ、ヒロインたるサリーを匿い連れ帰るまでが第1話。次回予告では「厄介ごとはごめんだ」みたいなことを言っていたので、サリーをその後も守り匿うことについては、一悶着ありそうな予感ですね。
 
 ところで、耐Gスーツも無しに!?
 みたいな驚き方をしていましたね、敵さんの対象。
 
 え、前作ではコックピット無しで、身体丸出しで乗ってましたけど、前作のみなさんは超人だったんですか?
 
 ライガーは途中でビーストライガーに進化。
 つまり、進化前は本当にただの「ライガー」だったんでしょうか。
 単なるライガーって名前だったんでしょうか。
 
 ところで、初代仮面ライダーや仮面ライダーBLACKでも、作中では仮面ライダーのことを「ライダー」呼びだったりします。一文字違いでアクセントも似ていることも手伝って、仮面ライダーにおける「ライダー」呼びとゾイドにおける「ライガー」呼びに何故か近しいものを感じる。
 
 マスクが必要なのは一世代前まで、サリーが投げたペンダントでビーストライガーに進化。
 そもそも、帝国がサリーを追う理由と、おじいちゃん?
 最初から色々と伏線入ってますね。
 これは続きが気になります!

 何よりも
 
 ゾイドバトルが見応えあった!
 
 やっぱり、こういうものは男児マインドを刺激してくることが大事、いかに五歳児メンタルをつついてくるかが肝、その点でビーストライガーは格好良かったし、バトルも見てて面白かった!
 
 うん、視聴継続!